サイトマップ

キャッシングではATM手数料の有無が重要です

ATMを利用するのはとても便利で、それは通常の銀行間取引でも同様です。銀行の種類によってはこうした取り引きについて手数料を無料にするサービスを行っており、ATMを利用するときにも手数料をある一定の回数まではとらないという風なサービス提供をやっています。

しかし、これらの銀行のサービスに比べて、キャッシングの場合はそうしたサービスを提供しているところが少ないのが現状です。キャッシングを利用するときには、ATM手数料についてもある程度の決まりがあり、約款を見てみるとなんらかの形で手数料を取ると明記していることが殆どです。

しかし、会社によってはこのATM手数料を可能な限り利用者側に有利にしようと頑張っているところがあります。ごく少数の消費者金融ではありますが、キャッシング時のATM手数料について、一定の条件をつけたうえで無料にしているところがあります。

例えば回数制限をしているところでは、一定期間、一ヶ月ならば一ヶ月のうちに一回または二回といった形で極少ない割合ですが手数料を無料にしています。またプロミスのサービスなどのポイント制のところでは、利用するごとにポイントが貯まり、そのポイントを利用してATM利用手数料を無料にするサービスを提供しています。

こうしたサービスの魅力は、ATMを利用するときに躊躇することがなくなるという部分です。ATMは使うだけでお金をとられるイメージがありますが、それがなくなるのは少額とはいえ負担を削減することに繋がります。

キャッシングの限度額について

キャッシング会社が提供するキャッシングサービスには、借り入れできる金額に限度があります。どんなに安定した収入がある人でも、借り入れ金額には制限されるので、自分に見合った金額をキャッシングしていくことが大切です。

借り入れ希望者の個人情報や、収入の大小によってキャッシング会社側が限度額を制限してくれることも多く、スムーズなキャッシングを行うことが可能になっています。

キャッシングサービスを受けるためには、審査に通らなければなりませんが、その審査のポイントとしては、主に職業や収入、住所、そして今まで他のキャッシング会社で借り入れを行ってきたかどうかにかかっています。

特に最後のキャッシング経験があるかどうかは非常に大切なことであり、一番大切なことである信用に関しての事にかかわっていきます。

過去にキャッシングサービスを受けた経験があり、かつその返済を延滞してしまった経験がある場合には、信用問題にかかわっていきます。キャッシング会社が借り入れ希望者を選択する際に、最も重要視していることが信用できるかどうかだといわれています。

キャッシング会社から少しでも信用してもらえることがキャッシングへの第一歩なのです。

キャッシングではカードを整理するのが重要

キャッシングのカードは、契約を普通に沢山やってしまうとどうしても枚数が増えていってしまいます。数枚程度であれば管理は不可能ではありませんが、これが10枚を超えてくると完全に管理できなくなってしまいますから、可能な限り整理するのが重要です。

特にカードを増やしすぎると、限度額についても増えにくくなりますから、解約を行って一つに纏めれば限度額を増やすことも可能になります。

またカードの場合には紛失などのリスクがあり、そうしたリスクについても10枚を超えてくるとどうしても気づきにくくなります。可能な限り枚数を減らしていくことによって管理が行き届くようになりますから、個人として管理できる枚数を把握しておくとどこまで減らせば良いかの予測がつくようになります。

またショッピングとキャッシングでそれぞれカードの種類が異なっていますから、消費の種類に応じてどちらかを選択するか、あるいは両方使えるように2~3枚程度残しておくという方法もあります。

ショッピング枠は買い物にしか利用できない反面金利が低いという特徴があり、キャッシングの場合には現金として借り入れができるものの金利が高い特徴があります。

それぞれの特徴を理解した上で、どちらか一方を残すという方法でも生活は維持できますから、最低枚数をどれくらいにするのが適切か、考えた上でカードを整理するといいでしょう。